日本語を正しく使おう

アルバイトで気持ちよく働くために

使う言葉を統一しよう

アルバイトをしていると、仕事上なにかと気になることがよくあるでしょう。職場でよく使われるバイト敬語も、その一つです。独特な敬語の使い方が興味深いといえます。
職場で戸惑うことになるのが、正しい敬語を使うべきか・現場の流儀に従うかという点です。正しい日本語を使うことが、必ずしも優先すべきであるとは限りません。職場での協調を図るのであれば、その現場でのルールに従った方がいいというケースもあります。しかし、誤った敬語を使うというのは、やはり抵抗感があるでしょう。必要であれば、一度職場のスタッフ同士で話し合う場を設けた方がいいかもしれません。業界の慣習としてバイト敬語を使い続けるべきか・あるいは正しい日本語を採用するかどうかについて、皆で決めることができます。職場でのはっきりとした統一ルールさえあれば、戸惑うことなく敬語を使うことができるのです。
独特な敬語が広まってきた反面、それを正そうとする動きが活発化しています。そのため、必ずしも業界や職場の慣習に従う必要はなく、正しい敬語に回帰することも考えていいのかもしれません。改めて正しい日本語を使ってみると、意外と気持ちがいいものです。
職場では、定期的に言葉の使い方について研修を行い、各スタッフの敬語の使い方を確認するのも有効な手段となります。飲食店などでは接客が重要な仕事の一つであるため、敬語の使い方について十分な配慮を払うのは大切なことです。