日本語を正しく使おう

アルバイトで気持ちよく働くために

気持ちの良い接客を

コンビニで働く人や、ファーストフード店で働く人に多いと言われてるバイト敬語ですが、一体なぜバイト敬語ができてしまったのでしょうか。その理由は、敬語の使い方に不慣れな若者がアルバイトを通して、頑張って丁寧な対応を心がけないといけないと思った時に、つい出てしまった思い込みの敬語になります。しかし、一度間違えて使ってしまうとなかなか直すことができないので、できる限り気付いた時点で誰かが指摘をしてあげることが大切です。そのようなバイト敬語には、どのような言葉があるのでしょうか。
まず、「よろしかったでしょうか」というのは、違和感を与える敬語になるので、注意が必要です。決して間違った表現ではありませんが、使い方によっては相手に押しつけがましい印象を与えてしまいます。そのため、「よろしいでしょうか」と直して接客をするように心がけることです。また、その他にも「なるほどですね」という言葉も間違っているので、注意しましょう。「なるほど」という相手の説明に対する感嘆詞に対して、「です」という丁寧語をつけるのは、時と場合によっては違和感があります。
日本語はとても難しく、どんなに頭がいい人でも間違ってしまうことはあるのです。しかし、バイト敬語を使い続けてしまうとそれが身についてしまい、直すのがなかなか難しくなってしまいます。バイト敬語の中には、ついつい使ってしまいがちなもの・気づきにくいものもあるようです。正しい日本語を理解して、気持ちの良い接客を心がけましょう。